メンズ

塾運営初心者はフランチャイズ加盟が安心|経営ノウハウを学ぶ

EC市場に必須のサービス

大勢の人

決済手段の多様化への対応

ECの市場規模は2014年で12.8兆円にも上ります。今後も成長が見込まれる巨大市場であり、その市場での取引において欠かせない、決済代行システムはもはやECサイトの運営のためには必須となっています。このような時代において、決済手段の多様化は当然の流れであり、現在はクレジットカードや銀行振込、コンビニ決済といった手段以外にも、電子マネー決済や仮想通貨決済、スマートフォンを使ったキャリア決済など多様化が急速に進んでいます。決済手段の方法が多様化する中で、ECサイト側もその対応に苦労しているケースも少なくありません。その橋渡し役として決済代行は期待されており、数々の決済手段に迅速に対応し、ECサイト運営者と顧客の双方に利便性を提供することが今後も求められます。

代行会社選びのポイント

今やECサイト運営では欠かすことのできない決済代行システムですが、その選定にあたっては決済代行会社のそれぞれのサービスの特徴を把握しておくことがポイントとなります。賢い決済代行選びのテクニックとして、まずその会社がどれくらいの導入実績を誇るのか調べることです。単に導入会社の数だけでなく、大企業が長年利用している会社を選ぶのがポイントです。また対応業種と業態も事前に調べておきます。どんなに優れた決済代行システムであっても、業種や業態によって最適なシステムは変わってくるので注意が必要です。他にもサポート体制や各種セキュリティ環境は万全かなど、決済代行会社を選ぶ上での重視したいポイントは多数あります。